整形の情報が満載!

二重整形で腫れてしまった!腫れを治す方法とは?

二重整形で腫れてしまった!腫れを治す方法とは? 二重整形を受けた後はメスを使う施術法だけでなく、メスを使わない埋没法という施術法であっても、まぶたの腫れが出てしまいます。
できるだけ早く腫れを治したいという場合は、アイシングのケアを行うと良いでしょう。
袋に氷を入れたものを作り、それにタオルを巻いて患部を冷やすケアをアイシングと言います。
冷たくことで症状を軽減することが可能です。
ただ、冷やし過ぎてしまうとかえって症状が悪化してしまったり、患部の治りが悪くなってしまうので注意しましょう。
アイシングは1回5分程度に留めましょう。
このケアを時間をおきながら1日5回程繰り返すことで、徐々に引いていきます。
目元を冷やすというケアのほかに、入浴や運動、飲酒といった行動を避けることが、症状を軽減するコツです。
このような行動をすると血行が良くなり、症状が長引いてしまう危険性があります。
早く二重整形のダウンタイム期を抜け出したいなら、このような点に注意すると良いでしょう。

二重手術の腫れと内出血を早く治す方法とは?

二重手術の腫れと内出血を早く治す方法とは? 二重まぶたの手術を行うと、術後の腫れや内出血に悩まされることが少なくありません。
少し痛々しいですし、手術をしたことがばれてしまいます。
二重手術ではこの腫れと内出血が起こるのは想定内なので、大げさに心配することはありませんが、何とか早く治す方法はないのでしょうか。
腫れに関しては、術後3日間程度は冷やすのが効果的です。
その場合局部を直接冷やすのではなく、その周りから頬にかけて冷やしていく感じです。
水で濡らしたタオルを当てたり、アイスノンなどを当てたり、あるいはビニール袋に氷を入れて当てるのも効果的です。
ただし冷やし過ぎには気を付けましょう。
次に内出血に関しては、腫れが引いた後からになります。
というのもやり方が全く逆だからです。
3~4日して腫れが引いてきたら今度は暖かいタオルなどで温めるのです。
暖かなタオルでゆっくり温めていけば内出血は早くおさまります。
しかしまだ腫れている場合は、温めてはいけません。