二重整形の3点止めとは

二重整形の3点止めとは

二重整形の3点止めとは 二重整形の3点止めというのは、その名のとおり3つの点で上まぶたを糸で止める方法のことをいいます。これまでにもあった切開手術のような方法ではなく、医療用の極細の糸を使って、外部からは目立たないように上まぶたを固定する方法は、一般に埋没法とよばれており、最近では広く普及してきています。この埋没法のなかには糸を止める箇所数によっていくつかのバリエーションがあり、もっともシンプルなものが1点止めといわれます。

しかし考えてみればわかるとおり、固定する箇所数が1点だけの場合、まぶたの厚みがある人であれば容易に取れてしまうことがあります。3点止めではまぶたの左右と中央の3点で固定することになりますので、1点止めなどと比較するとはるかに安定しています。しかも二重の微妙なラインを形成する上でも都合がよいため、注目される手法となっています。もっとも価格としては箇所数が少ないほうが安価なのは事実ですので、そのことも踏まえて検討するのがよいでしょう。

二重まぶたにする方法は目頭を切開するのが一般的

二重まぶたにする方法は目頭を切開するのが一般的 整形手術の中で一番多いのが二重まぶたにすることで、他のパーツと比べても印象が大きくて目は周りの人に見られやすいパーツなので、その人の印象が決まります。
一般的に目が大きいと綺麗に見えるとされているので、目を大きくする二重まぶたの手術をするケースが多いです。
二重まぶたはシワを入れることでまぶたが持ち上がって、目の全体の印象を良くすることが可能です。
現在では多くの種類があるのですが、一般的な方法は目頭を切開することです。
目の根元にある目頭をメスで切ることで目が小さい人でも気軽に綺麗に見せることができ、仕上がり具合も自然になります。
美容整形をしていることも周りの人に気づかれずに手術することもできて、その日のうちに終了するので仕事などで周りの人にも迷惑をかけません。
局所麻酔をするので痛みを感じることもなく、短い時間で終了するので安心です。
メンテナンスをする必要もなくその状態が続くので、見た目が美しくなります。