整形の情報が満載!

不自然に見える!よくある二重の失敗とは?

不自然に見える!よくある二重の失敗とは? 二重まぶたの手術には繊細さが要求されます。
クリニックによっては技術力が不十分なため不自然な仕上がりになってしまうこともあります。
まぶたを二重にする手術ではミリ単位の作業を行うので、理想的な形に仕上げるためには熟練が必要です。
手術方法や医師の経験・技術の他にもモラルなども重要とされます。
また同じような仕上がりにできる場合でも、クリニックによって保証などのアフターフォロー体制が異なります。
手術後のアフターフォローが充実しているクリニックを選ぶことが大切です。
技術力が不足しているクリニックの場合、満足できる仕上がりにならないだけでなく目などに問題が発生することもあります。
例えば従来の埋没法で手術を受けた場合、結膜から出ている糸が眼球の角膜を傷つけ後遺症が残ったケースなどが存在します。
従来の埋没法には角膜を傷つけるリスクがあります。
一方で結膜に糸を通さない新しい埋没法の場合、角膜を傷つけるリスクが少ないので安全です。

失敗しないアイプチでの二重まぶたのやり方

失敗しないアイプチでの二重まぶたのやり方 憧れのパッチリ二重にする最も手軽なやり方は、アイプチを使う方法です。
アイプチには液体のり状の物やのりでまぶたをくっつけない折り込み式タイプの物があります。
どちらのタイプも失敗しない様にする為には、二重の幅を広くし過ぎない事が大切です。
折角パッチリ二重になったとしても不自然で人工的な目になってしまっては意味がありません。
一番のポイントは自分の目にあった自然な幅にする事です。
そして、塗りすぎも失敗の元になりますのでなるべく均一に薄く塗る事を心掛けます。
薄く濡れたら十分に乾くのを待ってからプッシャーでラインを作ります。
この時に強くプッシャーを押してしまうとのりがくっついてしまうので軽く押します。
乾かす時間がない時はドライヤーを使う方法もあります。
折り込み式の物はより自然な二重を作る事が出来ます。
液が乾くと薄い膜を作りまぶたを引き上げて自然なくっきり目に仕上がります。
また、メイクに重ねて使う事も可能で便利です。